日祝
10:00~14:00
(最終受付:13:30)
15:00~19:00
(最終受付:18:30)

土曜日午後は17:00まで
(最終受付:16:30)

tel.0120-900-788

(取材依頼もこちらまでご連絡ください)

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目1−1
大手町野村ビルB1F

  • 電話
  • メニュー

インプラント歯周炎を防ぐために

2018年6月29日

皆さんこんにちは。

大手町野村ビルデンタルクリニックです。
インプラントを長持ちさせるためには、メンテナンスが重要です。
でもなぜメンテナンスが欠かせないと言われているのでしょうか?
今回は、インプラント治療後にかかりやすい病気とその予防法についてお話していきたいと思います。

 

治療後の代表的な病気、インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、歯周病に似た病気です。
インプラント治療の後、歯を磨くだけで定期的な検査やクリーニングを受けていないと、歯垢が徐々に溜まっていきます。
インプラントと歯ぐきのまわりには歯周ポケットのようにすき間ができていき、さらにインプラントを支えている骨も溶かされていきます。
最終的には骨がインプラントを支えられなくなり、インプラントがグラつき、抜け落ちることになるのです。

 

インプラント周囲炎と歯周病との違い

インプラント周囲炎と歯周病の原因やメカニズムは同じです。
ただし、次のいくつかの違いがあります。

 

・インプラント周囲炎は歯ぐきが腫れにくい
・インプラント周囲炎は出血しにくい
・インプラント周囲炎は進行しても問題なく食事ができる
・インプラント周囲炎は歯周病よりも10~20倍も進行が早い

 

インプラント周囲炎からインプラントを守るために

自己判断やセルフケアだけでインプラント周囲炎を防ぐのは困難です。
インプラント周囲炎からインプラントを守るためには、毎日の歯磨きと、定期的な歯科医院のケアが大切です。

 

・毎日の歯磨き
歯科医院では、正しい歯磨き方法をご指導しております。
毎日食後にしっかりと歯を磨いて、歯垢を落としましょう。

 

・歯科医院でのケア
定期的に歯科医院にご来院いただき、定期検診と専門的な歯のクリーニングを受けましょう。
セルフケアでは磨き残しやすい歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間などの汚れ、硬くなった歯石も落とすことができます。また、インプラントの緩んだネジを調整したり、噛み合わせのチェックも行うことができます。

 

毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを続けることで、インプラントはより長く使い続けられるようになります。
がんばってご一緒に快適な使い心地を維持していきましょう。

 

正しい歯の磨き方

2018年6月29日

皆さんこんにちは。

大手町野村ビルデンタルクリニックです。今回は正しい歯の磨き方についてお話していきたいと思います。

 

歯磨きに自信があっても磨けていないことも

歯磨きでは歯垢をしっかりと取り除くことが大切です。

 

ところが、自分の歯磨きに自信がある人の中でも、実際にしっかり磨けている人は約2割と言われています。つまり、自信があっても磨き残しがある人は全体の約8割もいるのです。

 

その原因はブラッシング方法が自己流であること。
それでは、効果的に歯垢を落とすためにはどうすればいいのでしょうか?

 

基本的な歯の磨き方

力を入れてごしごし磨いてしまうと、歯を傷つけたり磨き残すことになってしまいます。
次のコツを抑えて歯を磨きましょう。

 

歯ブラシの毛先が広がらないくらいの軽い力で歯ブラシを動かして磨く
 強く磨くと毛先が開いてしまいます。毛先が歯に当たるように、軽めの力で磨きましょう。

 

毛先の当て方を意識する
毛先を歯に向けて磨いたら、歯と歯ぐきの境目に向け、さらに歯と歯の間にも当てながら磨きましょう。

 

歯ブラシを小刻みに動かす
歯にくっついている歯垢を落とせるように、5~10mmくらいの幅で小刻みに歯ブラシを動かします。1~2本ずつ磨いていくといいですね。

 

歯垢が残りやすい場所をチェック

歯垢が残りやすいのは次の4つです

 

・歯と歯の間
・歯と歯ぐきの境目
・奥歯の噛み合わせ
・歯並びの乱れているところ

 

磨き残さないように意識しましょう。

 

歯ブラシだけで落とせる歯垢は約60%

残念ながら歯ブラシで丁寧に歯を磨いても、歯ブラシの毛先が届かない歯の間や歯と歯ぐきの境目などに歯垢は残ってしまいます。
歯ブラシだけで落とせる歯垢は、全体の約60%ともいわれています。
デンタルフロスや歯間ブラシなども合わせて使って、歯垢をしっかりと落としましょう。

 

歯科医院で磨き方をチェック

歯科医院では、患者様のお口に合わせて効果的な歯の磨き方をご指導しています。
歯がしっかりと磨けているかどうか気になったら、ぜひ一度歯科医院までご相談ください。
また、当院では磨き残しをしっかりと落とせるように、定期的な通院もお勧めしております。ご一緒にお口を清潔に保って、健康維持につなげていきましょう。

7月1日(日曜日)は、設備点検と清掃を

2018年6月29日

何時もブログをご覧頂きまして誠に
ありがとうございます。
7月1日(日曜日)は、ビル休館日となり診療自体はお休みとなっております。
ビル並びに防災法の規定により、休診日を利用して院内の機材の点検並びに清掃を行わせて頂きます。
関係者の出入りは御座いますが診療自体はお休みとなっております。
宜しくお願い致します。
また、このたびの平成30年大阪府北部を震源とする地震により被害を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

医療法人社団星優会
従業員一同

アポイントに御協力頂きましてありがとうございます。

2018年6月28日

何時もブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
明日の診療時間の変更に御理解御協力を頂きまして誠に有難う御座います。
また、後藤様、笠原様、神山様何時も美味しいお土産を頂き大変恐縮致しております。
スタッフ一同美味しく頂かせて頂きました。
ご馳走様でした。

医療法人社団星優会
従業員一同

妊娠中のお口のケア2 妊娠中の歯科治療について

2018年6月27日

皆さんこんにちは。

大手町野村ビルデンタルクリニックです。今回は前回に引き続き、妊娠中におけるお口のケアについてお話ししたいと思います。本日のテーマは「妊娠中の歯科治療」についてです。

 

大手町野村ビルデンタルクリニックにも、「気をつけていたのに虫歯になってしまった」「妊娠してから歯ぐきの調子が良くない」という妊婦の方がご相談にいらっしゃいます。そのような妊婦の方が共通して不安に感じていることは、「妊娠中に治療をしても大丈夫なのか?」という点です。

 

その疑問に先にお答えするならば、妊娠をしていても通常通りの虫歯治療、歯周病治療を受けていただくことができます。ただすべての妊娠期において同様の治療がおこなえるとは限らないので、以下のことを十分考慮して歯科医院を受診しましょう。

 

妊娠中期(妊娠16週~27週)は麻酔もレントゲンも特に問題なし

妊婦の方がもし歯科治療を受けたい場合、母胎が安定する妊娠中期(妊娠16週から27週まで)に歯科を受診することをお勧めします。

 

最も不安に感じる麻酔注射やレントゲンについてですが、基本的に歯科で使用する麻酔やレントゲンがお腹の赤ちゃんに悪い影響を及ぼすことはないので安心してください。むしろ痛みによるストレスの方が母胎に大きな負担をかけてしまうほか、虫歯や歯周病を放置しておくと今後の妊娠生活にも支障をきたす恐れがあります。したがって母子ともに安定したこの時期にできるだけ治しておきましょう。

 

ただし親知らずの抜歯やインプラント手術など体の負担が大きい外科治療については、妊娠中期であっても治療をおこなうことができません。このような治療は妊娠前にすませるか、もしくは出産後におこなうようにしましょう。

 

妊娠初期と妊娠後期は応急処置にとどめる

妊娠初期(妊娠4週~15週)はまだ母胎が安定せず、流産のリスクが高い時期なので積極的な歯科治療はおこなえません。この時期にもしお口のトラブルに見舞われた場合は簡単な応急処置(消毒等)にとどめ、母胎が安定する妊娠中期に入ってから治療をおこないます。

 

また妊娠中に歯周病が悪化すると、早産(22週から37週未満の出産)や低体重児出産(2,500g以下の出産)のリスクが高まることが近年明らかとなっています。母胎への影響を考えても、妊娠中はこれまで以上に歯周病予防に取り組んでおくことが必要です。

 

特に問題がなくても、安定期にはいったら歯科健診を受けましょう

また妊娠後期(妊娠28週以降)も無理に母胎に刺激を加えてしまうと早産のリスクを高めてしまうため、よほどのことがない限り歯科治療は控えます。後期にはいってからのお口のトラブルを避けるためにも、安定期にはいったら必ず歯科健診を受けておきましょう。

 

モニターへの御協力誠に有難う御座います。

2018年6月26日

何時もブログをご覧頂き誠に有難う御座います。
モニターへの皆様の御理解御協力を頂きまして連携機関一同厚く御礼申し上げます。
皆様への還元がほんの僅かばかりで大変心苦しい中医療の発展の為に心置きなく有難いお言葉を頂戴し大変感謝致しております。
少しずつですが、還元出来る内容も増やして参りますので引き続き宜しくお願い致します。

医療法人社団星優会
関係者一同

妊娠中のお口のケア1 妊娠中に起こりやすいお口のトラブル

2018年6月26日

皆さんこんにちは。

大手町野村ビルデンタルクリニックです。妊娠中はお口の中が不衛生になりやすく、虫歯や歯周病のリスクが平常時よりも高くなります。大手町野村ビルデンタルクリニックでも、妊婦の方向けの予防ケアや虫歯・歯周病治療を積極的におこなっております。

 

そこで本日から2回にわけて、妊娠中に注意しておきたいお口のケアについてお話ししていきたいと思います。

 

第1回目の今回は妊娠中におこりやすいお口のトラブルについて、詳しくご紹介していきましょう。

 

つわりや偏食による虫歯トラブル

つわりによる度重なる嘔吐や歯磨き不足によって、妊娠中はこれまで以上にお口の中が汚れやすくなります。また妊娠中は偏食にもなりやすく、常に甘いモノや酸っぱいモノを食べたり、また1日に何度も食事をしたりすることなども、お口の衛生状態を悪くする要因といえるでしょう。

 

これらのことから妊娠中は平常時よりも虫歯になりやすい傾向にあります。さらにお母さんのお口の中に虫歯菌が多くなると、生まれてくる赤ちゃんの虫歯リスクも高まります。自身と赤ちゃんの健康のためにも、この時期は特にお口のケアを念入りにおこなうことが大切です。

 

妊娠中の歯ぐきトラブル

歯周病菌の中には、妊娠中に増加するエストロゲンという女性ホルモンによって活動が活発になる菌があります。このため妊娠中は「妊娠性歯肉炎」といった歯ぐきのトラブルも多くなります。

 

また妊娠中に歯周病が悪化すると、早産(22週から37週未満の出産)や低体重児出産(2,500g以下の出産)のリスクが高まることが近年明らかとなっています。母胎への影響を考えても、妊娠中はこれまで以上に歯周病予防に取り組んでおくことが必要です。

 

特に問題がなくても、安定期にはいったら歯科健診を受けましょう

妊娠中は体におこる様々な変化によって、虫歯や歯周病などのトラブルが妊娠前よりも発生しやすくなっています。一方でつわりなどによって、しっかりケアをしたくてもできない状態が続いてしまうことも確かです。

 

そこで安定期に入り、ある程度母胎の状態が落ちついたら歯科医院で健診やクリーニングを受けることをお勧めします。母子手帳には妊娠中の歯や歯ぐきの状態を記入するページもあるので、妊娠時の記録として残しておくと良いでしょう。

東京大学並びに東京医科歯科大学の・・・

2018年6月25日

いつもブログを御覧頂き誠に有難うございます。
当院では医原性の疾患は東京大学を含め各連携機関に御紹介致しております。
各大学機関からの簡易的な受診確認の書類は直ぐに頂けるのですが
詳細なお返事や診療情報の御提供は疾患に応じて
どうしてもある程度の時間を頂く場合がございます。
お忙しい中大変恐縮ですが、医科での投薬等を再三お伺いする場合が
ございますが何卒ご理解ご協力賜りますれば幸いです。

医療法人社団星優会
大手町野村ビルデンタルクリニック
理事長
梅田 貴載

今週金曜日は・・・

2018年6月25日

いつもブログを御覧頂き誠にありがとうございます。
今週6月29日(金曜日)は、
院内の器材の入れ替えの為診療は12時で終了とさせて頂きその後器材搬入等の作業を終日行わせて頂きます。
その為、診療は29日は12時までとさせて頂きます。
スタッフやDrの出入りはございますが診療の御対応は12時以降は難しくご了承頂けましたら幸いです。
また、12時以降はお電話も機材入れ替えの為に繋がり難くなります。
ご了承下さい。
医療法人社団星優会
事務長
金田 耕市

おすすめデンタルグッズとその使い方3:デンタルリンス編

2018年6月24日

皆さんこんにちは。

大手町野村ビルデンタルクリニックです。最近テレビでもデンタルリンスのCMをよく見かけるようになりましたね。皆さまの中にも「一度使ってみようかしら」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は大手町野村ビルデンタルクリニックがおすすめするデンタルグッズ第3弾として、このデンタルリンスについて詳しくご紹介していきたいと思います。

 

デンタルリンスには「液体歯磨き」と「洗口液」の2つのタイプがある

デンタルリンスというと「液体を口に含んでクチュクチュとゆすぎ、そして吐き出すもの」というのが一般的なイメージだと思います。

 

ただデンタルリンスは「液体歯磨き」と「洗口液」の2種類のタイプがあり、それぞれ使用するタイミングや使い方などが異なるので気をつけましょう。以下にそれぞれのタイプについて詳しくお話ししていくので、購入の参考にしてみてください

 

「液体歯磨き」は液体を吐き出した後にブラッシングする

デンタルリンスの中でも「液体歯磨き」タイプはその名の通り、歯磨きをおこなう際に使用します。液体を適量口の中に含んでゆすぎ、吐き出したあとは通常通り歯ブラシでブラッシングしていきます。液体歯磨きは従来のようにブラッシング後水ですすぐ必要はありませんが、気になるようであれば軽くすすいでも成分の効果は持続します。

 

液体歯磨きは研磨成分をいっさい含まないため、通常の歯磨き剤と比べると歯に対するダメージが少なくなります。また液体という性質上、薬用成分が歯や歯ぐきの隅々にまで浸透しやすいのも良い点といえるでしょう。また水ですすぐ必要のない液体歯磨きは、災害時など水が不足する際にも使用できる歯磨き剤としても注目されています。

 

「洗口液」はブラッシング後に使用する

「液体歯磨き」タイプはブラッシングの際に使用するのに対し、「洗口液」タイプはブラッシングの後に使用するデンタルリンスです。歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどで一通りブラッシングをおこなった後、液体を適量含んで口全体にいきわたらせ吐き出します。洗口液もその後に水ですすぐは必要ありません。

 

洗口液は就寝前に使用すると、朝起きたときの口のネバツキや口臭をおさえることができます。また外出先などで歯磨きができない場合にも、洗口液を使えば口の中の不快感をスッキリさせることができるでしょう。

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
 
ページトップへ