日祝
10:00~14:00
(最終受付:13:30)
15:00~19:00
(最終受付:18:30)

土曜日午後は17:00まで
(最終受付:16:30)

tel.0120-900-788

(取材依頼もこちらまでご連絡ください)

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目1−1
大手町野村ビルB1F

  • 電話
  • メニュー

2019/06/13の診療につきまして

2019年5月13日

6月13日(木曜日)は防災器材の法定点検の為、診察は13時までとなります。
ご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願いいたします。

年末年始のお知らせ

2018年12月13日

12月28日(金)~1月3日(木)
大手町野村ビル休館の為休診となります。

11月16日は防災訓練

2018年11月16日

何時もブログを御覧頂きまして誠に有難うございます。
本日11月16日
14時~17時まで
大手町野村ビルは全館法定規則の防火防災訓練が
行われます。
診療時間に変更はございませんが訓練の担当者の方が館内
を出入りされます。
皆様の御理解御協力の程何卒宜しくお願い致します。

医療法人社団星優会
従業員一同

11月23日は

2018年11月12日

何時もブログを御覧頂きまして誠に有難うございます。
11月23日(金曜日)は祝日の為大手町野村ビルの休館日により休診とさせて頂きます。

医療法人社団星優会
大手町野村ビルデンタルクリニック
従業員一同

予約システムの・・・

2018年10月17日

何時もブログを御覧頂きまして有難うございます。
インターネット予約システムが本日よりご利用が可能です。
サーバーの負荷軽減の為暫くは初診の方のみの
御対応となります事をお許し下さい。

医療法人社団星優会
事務長
金田 耕市

予約システムの更新作業を

2018年10月9日

いつもブログを御覧頂きまして誠に有難うございます。
10月より予約システムの更新作業を行わせて頂きます。
まずはお電話を頂きましても繋がらないといったご迷惑をお掛け致しまして大変申し訳ございません。
お電話が大変込み合いまして十分な御対応が出来ず深くお詫び申し上げます。
そこで皆様のご負担を軽減するために多数のご要望を頂きました予約システムを更新させて頂く事になりました。
今回のシステムは24時間ネット予約に御対応可能なシステムに変更をさせて頂きます。
修正、仕様確認等に今週中までお時間を頂きたく御理解頂きたくお願い致します。
また、HPの変更に伴いまして当院のHPが見つかりにくくなっております。
此方も今月中に御対応致しますので何卒御理解頂けましたら
幸いです。

医療法人社団星優会
事務長
金田 耕一

明日10月2日火曜日13時より15時まで

2018年10月1日

いつもブログを御覧頂きまして誠に有難うございます。
明日
10月2日火曜日13時より15時までメーカー様より
新しい院内の器材の使用法の説明会がございます。
そのため13時より15時は診療はお休みさせて頂きます。
皆様には御迷惑をお掛け致しますが何卒ご理解ご協力の程
宜しくお願い致します。

医療法人社団星優会
従業員一同

ささやかな御礼を

2018年10月1日

いつもブログを御覧頂きまして誠に有難うございます。
皆様開業以来本当に数多の御来院を頂いてしまい
本当に恐縮致しております。
昨今予約がとり難い、またお電話が繋がらない等のお叱りを頂戴致しております。
お詫びにささやかではございますが大手町野村ビル様にご協力頂きまして15、16日にグミを配布させて頂きます。
ご賞味頂けましたら幸いです。

医療法人社団星優会
従業員一同

2018/10/01の診療につきまして

2018年9月30日

何時もブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
明日は、台風の影響で交通機関の遅延並びに運休の可能性がございます。
状況に寄りまして診療開始時間の延長や休診の可能性がございます。
予めご理解ご協力頂きましたら幸いです。
皆様も怪我等なさらない様にご注意下さい。
診療時間の変更となりましたら此方よりご予約頂いていらっしゃいます方に改めてご連絡を差し上げさせて頂きます。
宜しくお願い致します。

医療法人社団星優会
事務長
金田 耕市

お口の健康と健康寿命

2018年9月30日

皆さんこんにちは。

大手町野村ビルデンタルクリニックです。

 

「健康寿命」という言葉を耳にしたことはありませんか?健康寿命とは寿命うち健康状態に問題がなく、医療や介護を必要としない期間のことをあらわします。世界的にみても長寿大国である日本においては、この健康寿命をいかに伸ばしていくかが今後の課題です。

 

そしてこの健康寿命とお口の健康とには深い関係があり、高齢になっても自分の歯を多く残している人ほど健康寿命が長いことが、数々の研究でも明らかとなっています。

 

では具体的に双方にはどのような関連性があるのか、以下に詳しくご紹介していきましょう。

 

しっかり咬める人ほど認知症になりにくい

愛知県で65歳以上を対象にした追跡研究結果では、自分の歯が多く残っている人や入れ歯を入れている人のほうが、歯が少なく入れ歯も入れていない人よりも認知症の発症が低くなっています。

 

同様の報告は他の研究結果にもみられるため、食事をしっかり咬める人ほど認知症になりにくいことは明らかなようです。この要因として、咬むという行為が脳を直接刺激して活性化すること、また歯が多いとコミュニケーションも円滑で社会性が高くなることなどが推測されています。

 

歯が多いと寝たきりなるリスクが低下する

日常的に介護が必要となるケースとしては認知症のほか、体の衰弱や転倒による骨折などが挙げられます。そしてこれらの原因にも残存歯数(残っている歯の本数)が大きく影響しているのです。

 

例えば自分の歯が多くしっかり咬める人は栄養状態も良好である一方、歯が少なく咬む機能が低下している人は食べる量が減少したり、栄養バランスが偏ったりする傾向がみられます。低栄養状態が長く続けば当然体が衰弱し、要介護となるリスクも高くなってしまいます。

 

また65歳以上を対象にしたある研究では、歯が19本以下で入れ歯を使用していない人は、20本以上歯を残している人よりも転倒するリスクが2.5倍になるという結果が示されています。これは上下の歯で咬むことが頭部のバランスを安定させ、結果として転倒のリスクを抑えることにつながっていると考えられます。

 

以上のように、生涯に1本でも歯を多く残しておくことは将来介護が必要となるリスクを低下させ、健康寿命を延ばすことにつながっていきます。今の健康はもとより、高齢になってからの健康維持のためにも、歯は大切にしていきたいものです。

1 2 3 4 5 6 15
 
ページトップへ